最新情報 rss
2011年09月06日(火) つくば市民斎場のワン・ポイント講座2 お別れ花と副葬品

お葬式の当日、柩の前に集まり、柩の蓋を開けて、故人と最後のお別れをします

花が一人ひとりに配られ、故人に花を手向けます。これを「別れ花」といいます。

故人様と関係の深い遺族は故人様の顔の周りや上半身、友人たちは脚等の下半身の周囲に花を供えます。
 
このときご遺族は一緒にもっていってほしいものも柩に納めます。これが「副葬品」です。

副葬品には遺族の故人様への感謝の想い、故人への愛情、故人のあの世での幸せを願う気持ち、祈りが副葬品には込められています。

しかし、柩の中には入れられないものもあります。火葬時に爆発のおそれのあるもの、燃えないもの、遺骨を着色するおそれのあるものです。メガネや酒の瓶等のガラス製品、ゴルフクラブ、仏具等、書籍、果物などがそれにあたります。

メガネ等は、火葬後に遺骨を納めた骨壷や骨箱に一緒に納め、お墓への副葬品とすることができます。 

つくば市土浦市牛久市阿見市葬儀小さなお葬式、家族葬、自由葬、友人葬、社葬)は、つくば市民斎場におまかせください